スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清和政策研究会

森派は、この項目へ転送されています。森清が領袖であった派閥については「春秋会」をご覧ください。清和政策研究会現在の会長の町村信孝略称クレジットカード現金化会、町村派設立年1979年種類自由民主党の派閥リーダー町村信孝設立者福田赳夫ウェブサイトhttp://www.seiwaken.jp/ 表・話・編・歴 清和政策研究会(せいわせいさくけんきゅうかい)は、自由民主党の派閥。略称および旧称は清和会。目次1概要2歴史2.1結成~福田赳夫時代2.2無料携帯ホームページ派四天王と会の分裂2.3森喜朗の派閥継承と亀井静香の離脱2.4森・小泉政権と自民党内最大派閥への躍進2.5集団指導体制への移行2.6自民党総裁候補をめぐる内部分裂2.7町村会長体制への復帰2.8第45回衆議院議員総選挙2.9代表世話人の廃止と中川出会いランキングの離脱3歴代会長4現在の構成4.1役員4.2衆議院議員4.3参議院議員5脚注6関連項目7外部リンク[編集]概要近年会長職が廃止され集団指導体制となっていたが、2009年2月5日に町村信孝が会長に復帰した。同じ代表世話人であった中川秀直・谷川秀善の2名は引き続き代表世話人を務める。通称、町村派(福田派→安倍派→My First JUGEM!派→森派→町村派)。自民党内では保守合同時の日本民主党(岸信介・鳩山一郎派)の流れを汲む。日本債務整理・自己破産の「反吉田」路線を起源に持つため、親米である一方、憲法改正・自主防衛議論に積極的であるなど比較的タカ派色が強く、冷戦期には反共・親韓・親台の傾向が強かった。一貫して自民党の有力派閥だったが、ポスト佐藤で福田赳夫が田中角栄に敗北して以来、自由党系の債務整理・自己破産研究会や宏池会などの諸派に比べると非主流派に甘んじることが多かった。同派が主流派として実質的に政権の中枢を担うようになるのは小泉政権発足以降である。グランドプリンスホテル赤坂(旧赤坂プリンスホテル)の旧館(旧李王家邸)内に事務局を設置し、同ホテルで毎年1回春頃に政治資金パーティーを開催することが慣例となっている。[編集]歴史[編集]結成~福田赳夫時代「十日会」(岸信介派)の分裂を受けて1962年に結成された2ショットチャット赳夫を中心とする「党風刷新連盟」が起源。1970年11月に時の首相・佐藤栄作に勧められ「紀尾井会」、通称福田派が派閥として正式に旗揚げされた。1972年まで7年に及んだ佐藤栄作政権の後継を巡る、いわゆる「ポスト佐藤」の争いにおいて、佐藤の意中の人はショッピング枠現金化であったが、政権末期に田中の猛追を受け、結局総裁選で敗れた。この挫折を機に、領袖福田のもと、田中派と「角福戦争」と呼ばれる激しい派閥抗争を繰り広げたが、福田自身が「派閥解消」論者であり、必ずしも派閥活動に積極的でなかったこともあって、三大派閥の中で伸び悩み、1976年に悲願の福田赳夫政権誕生にこぎつけるものの2年後には大平・田中連合の前に総裁選で敗北した。なお、1972年、総裁選で敗れた直後にgyanのブロググループと園田派(旧・森(清)派)を統合して「八日会」へと名称変更、1976年末、福田内閣の発足にあたり派閥解消を提唱、率先して八日会を解散したが、福田退陣後に再結成の機運が高まり、1979年1月に清和会を結成した。出典は、東晋の元帝が詔で諸葛恢の統治を「政清人和(清廉な政治で自ずから人民を穏やかにした)」と称賛した故事による(『無料携帯ホームページ書』諸葛恢伝)。この旧「清和会」は略称ではなく正式名称である。後に自由革新同友会(石原派・旧中川派)を吸収する。[編集]安倍派四天王と会の分裂安倍晋太郎が会長であった際、派閥内の三塚博・加藤六月・塩川正十郎・森喜朗の4人の実力者を称して安倍派四天王と呼んだ。竹下派七奉行と比較される。その後、安倍の後継会長を三塚・加藤が争い
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。