スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<日印首脳会談>経済交流を促進 安全保障面で協力強化(毎日新聞)

 【ニューデリー影山哲也、栗田慎一】鳩山由紀夫首相は29日午前(日本時間同日午後)、ニューデリーでインドのシン首相と会談し、経済など包括的な交流促進を柱とする共同声明を発表した。また外務・防衛次官級による毎年の定期的な対話(2プラス2)の設置などを盛り込んだ行動計画に署名し、安全保障面での協力を強化することで合意した。

 安全保障の行動計画は、昨年日印両首脳がまとめた共同宣言の具体化で、シーレーンや海賊対策で両政府が協力するため、海上の安全保障に関する対話を行うことなども盛り込まれた。鳩山首相は会談後の共同記者会見で「日印の戦略的グローバル・パートナーシップを新たな段階に上らせることができた」と強調した。

 また、経済連携協定(EPA)では交渉の加速を確認した。シン首相は会見で「(来年の)次回の首脳会談までに妥結することを希望する」と述べた。国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)でのコペンハーゲン合意については、COP16に向けた協力を確認した。

 核不拡散をめぐっては、鳩山首相は核実験全面禁止条約(CTBT)への参加を要請。シン首相は核実験凍結への自主的取り組みを説明して理解を求めた上で、「米中両国が批准すれば新たな状況になる」と述べた。

【関連ニュース】
鳩山首相:インド到着 温暖化問題や経済連携協定で協議へ
鳩山首相:27日からインド訪問 シン首相と首脳会談
COP15:インドも首脳会合出席 注目は合意の実効性
米大統領:インド首相と会談 「21世紀決定付ける関係」
鳩山首相:COP15成功に向け努力、NZ首相と一致

こういちのブログ
ひろしのブログ
パチンコ攻略
出会いランキング
ライブチャット
スポンサーサイト

コインパーキングの精算機を根こそぎ 大阪で窃盗相次ぐ(産経新聞)

 大阪市などでコインパーキングの精算機にロープをかけ根元から引き抜いて持ち去る事件が、20件近く相次いでいることが28日、捜査関係者への取材でわかった。大阪府警捜査3課は同じグループによる連続窃盗事件の可能性があるとみて捜査を進めている。

 捜査3課によると、犯行は11月上旬から始まり、被害総額は150万円以上に上っている。深夜から未明にかけ、大阪市や大東市、東大阪市などの人通りの少ない駐車場で発生しており、大阪市北区西天満では12日深夜~13日未明、精算機が根元から引き抜かれ持ち去られていた。被害額はそれぞれのパーキングで、約40万円~数千円という。

【関連記事】
現金引き出した直後、330万円ひったくられる 横浜
車から窃盗未遂容疑で逮捕 3県で1500万被害
ひったくりを400メートル追跡、確保 京都の女性「足には自信あった」
5千万円相当の貴金属盗難 防犯カメラに窃盗団映像か
未成年フィリピン人、目立つ犯罪「地域の受け入れを」

Phillisのブログ
海外のくらし
パチンコ攻略
カードでお金
ライブチャット

ぷるぷる娘キャンディー、和歌山の高校生開発(読売新聞)

 和歌山県立和歌山高校(和歌山市新庄)の生徒たちが、同県紀の川市観光協会のキャラクター「紀の川ぷるぷる娘」をイメージしたキャンディー(あめ)を開発し、23日、同市内3か所で販売した。

 イチジクや柿など6種類の果実味ですぐに完売する人気ぶり。同協会も、まだ知名度の低いぷるぷる娘の普及に期待を寄せる。

 ぷるぷる娘は、フルーツ栽培が盛んな紀の川市をPRするため、同協会が昨年、公募で決定。特産のイチゴ、桃、柿、イチジク、キウイ、ハッサクにあやかった6種類のキャラクターがある。

 同校の教諭が、土産物にできないかと、ぷるぷる娘に注目、生徒に提案した。「総合実践」を受講する3年池田睦(むつみ)さん(18)や松本梢さん(17)ら計13人が9月から開発を始め、値段が手頃で長期保存が可能なことなどから、あめを選んだ。企画からデザイン、製造業者との交渉などすべて生徒が行った。

 同協会理事らへ説明した際、「果汁をいれたらどうか」「桃とイチゴの色の違いが分かりにくい」などと指摘を受け、松本さんは「厳しい注文で焦りました」と打ち明ける。あめの製造は和歌山市の「うみの製菓」に依頼、珍しい柿やイチジク味もつくってもらった。

 この日、午前9時頃から紀の川市の貴志川観光物産センターと桃山特産センター、青洲の里ふるさと物産ショップで生徒たちが1袋200円で販売し、計250個が完売した。

 池田さんは「私たちが作った商品が売れるなんてびっくり」。松本さんは「パッケージのデザインを考えたり、果汁を入れたり改良に取り組みたい」と話していた。入荷日は未定だが、今後も3か所で販売される。

i799pu1fの日記ブログ管理ツール
null
2ショットチャット
ショッピング枠現金化
カードでお金

郭宗煕

郭 宗熙(かく そうき)は中華民国・満州国の政治家。北京政府・奉天派の政治家で、後に満州国に参加している。字は桐柏。事跡清の進士。日本に留学し、法政大学を卒業した。帰国後に翰林院庶吉士となる。さらに長沙府中学堂監督、奉天森林学堂監督、琿春副都統署理、吉林東南路兵備道、同西北路兵備道、浜江道監督を歴任した。中華民国成立後の1913年(民国2年)1月、吉林提学使に任命され、まもなく同省教育司司長に改めて任ぜられた。翌年7月、吉長道尹に異動する。1916年(民国5年)4月、護理吉林巡按使となる。翌年11月、正式に巡按使に任ぜられた。1919年(民国8年)10月、罷免され、いったん天津に隠居する。1925年(民国14年)、江蘇督弁楊宇霆の秘書長として復帰する。楊が江蘇省を追われると、郭宗熙は山東督弁張宗昌の下で参賛に任ぜられた。1928年(民国17年)、張が国民革命軍の北伐に敗北して下野すると、郭もまた天津に引きこもった。1934年(康徳元年)3月、満州国では愛新覚羅溥儀が皇帝に即位し、満州帝国となる。このとき、初代尚書府大臣に郭宗熙が任命された。翌年2月、在任中のまま郭宗熙は死去した。享年58。注^ 劉寿林ほか編『民国職官年表』による。徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』は1934年死去としている。参考文献徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03140-1。劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1。 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%83%AD%E5%AE%97%E7%86%99」より作成カテゴリ: 中華民国の人物 | 満州国の人物 | 日本留学経験者 | 奉天派 | 湖南省出身の人物 | 1878年生 | 1935年没

ブレイクニュース
バンコクのすすめ
ライブチャット
ネイルサロン
ショッピング枠現金化

タクシー距離制限 全国最短に(産経新聞)

タクシー距離制限 全国最短に(産経新聞)

 ■近畿運輸局「安全確保狙い」/格安業者側「いじめに近い」

 国土交通省近畿運輸局は16日、京阪神地区の主要都市で毎日営業する「日勤」勤務のタクシーについて、道路運送法に基づき、1日の1台あたりの走行距離の上限を250キロとする新基準を公示した。全国で最短となる。大阪のタクシーの事故発生率が高く、距離を制限し安全走行確保を狙うという。しかし大阪に多い「初乗り500円」の格安タクシーは、距離を走ることで利益を上げており、タクシー業者らは「いじめに近い」と反発している。

 近畿運輸局によると、新基準は、来年1月1日から適用される。大阪や京都、神戸など京阪神の計31市2町で営業し、毎日走行する「日勤」のタクシーが対象。これまで1日16時間の走行時間の制限があったが、距離制限はなかった。

 平成14年の改正道路運送法で、タクシーの増車や新規参入が原則自由化され、大阪府内では緩和前よりも約2千台多い約2万3千台になった。タクシーが供給過剰となり、事故件数も最大で2割増え、大阪市などのタクシーの事故件数も、平成20年は走行距離100万キロあたり9・089件と、全国平均を2件近く上回っていた。

 運輸局が今年、大阪市などのタクシー業者27社を調べたところ、「日勤」勤務の運行の5%が250キロを超えて走行していた。ほかにも過労運転や乗務記録の改竄(かいざん)も目立ち、安全確保のため距離上限を設けることになった。

 しかし、初乗り運賃が安いタクシーほど乗車距離が長くなる傾向が強く、新基準導入に格安タクシー業者が反発。ワンコインタクシー協会(大阪市城東区、16社)の馬場重弘副会長は「われわれは流し運行が主流なので厳しい措置。夜間は長距離客が多く、500円タクシーの業者つぶしとしか思えない。安全確保や社員教育もしているのに(一律に走行距離制限を設けるのは)疑問だ」。

 格安タクシー会社の男性運転手(44)は「走行距離を規制されると、生活に困る仲間が出てくる。流しながら長距離を走ると250キロどころか、300キロを超える。なぜ私たちを締め付けるようなことをするのか」と憤りを隠さない。

 格安タクシーをめぐっては、同運輸局は11月、初乗り500円の認可継続を申請していた個人タクシー8人に、「現状の収益では安全確保に必要な経費を工面できない」などの理由で、値上げするよう通達。現在、格安タクシーを営業する法人の認可を審査中で、結論は来年に持ち越されるとみられる。

 安部誠治関西大教授(公益事業論)の話「規制緩和でタクシーの台数が増えて競争が激化し、補うために走行距離を稼ぐ傾向が強まっているのが業界の現状。安全対策としては妥当な策だ。ただ、タクシー運転手は厳しい環境に置かれており、新しい仕組みをつくることが求められる」

【関連記事】
格安タクシーいじめ?事故防止? 乗務距離“制限”へ新基準
強盗殺人未遂容疑で男逮捕 タクシー料金払えず犯行 大阪
(5)「血の気が抜けていくのが分かった」襲撃を聞いてタクシーに飛び乗った夫
南ア、W杯効果肩透かし タクシー運転手、送迎業務から締め出し
歌舞伎町~岐阜タクシー無賃乗車 70歳12万円詐欺容疑

アゼルバイジャン語で日本のニュースを読む
サモア語は意外と簡単!?
クレジットカード現金化 即日
無料携帯ホームページ
クレジットカード現金化

ユニード

株式会社ユニード(英称:UNEED Co., Ltd.)は、かつて存在したスーパーマーケット。名前の由来は、"You Need"とも言われているが、Unity(統一)とNeed(必要)を合わせたもの。九州を中心に、西日本各地にチェーン展開していた。1981年にダイエーグループに参入後、1994年にダイエーに吸収合併され、消滅した。概要九州の人々の間では、今でも、ダイエーのことを「ユニード」「渕上」「渕上ユニード」「アピロス」と言われることがある。本項目では、「渕上」「アピロス」についても説明する。また、株式会社ユニードダイエーについても説明する。本店所在地は、福岡県福岡市博多区祇園町7-20。ルーツである渕上百貨店のあった場所である。設立は1958年(株式会社丸栄)で、証券コードは8272(大証2部・福証)。なお、香川県丸亀市に本社を置く株式会社ユニードとは一切関係ない。また、ユニードの旧商号は「丸栄」であるが、名古屋市に本社を置く百貨店丸榮とも、同じくダイエーグループでかつて存在した丸栄商事(現:グルメシティ近畿)とも一切関係ない。店舗によっては、店名表記が「(ユニード)○○ショッピングバザール」(ユニード野芥ショッピングバザール・香椎ショッピングバザール・諫早ショッピングバザール・ショッピングバザール富雄・箱崎ショッピングバザールなど)となっていたところもある。沿革1895年 - 初代渕上久三郎が、呉服雑貨商「渕上呉服店」を福岡市に創業。二代目徹郎が継承し家業を確立。1947年 - 戦時中の企業整理を経て、再度開店。1950年 - 株式会社渕上呉服店を設立。代表取締役に渕上栄一が就任。実弟の亀之助・禮藏も協力。1953年 - 百貨店事業を始めるため、株式会社渕上に商号変更。1958年 - 労働争議をきっかけに、株式会社丸栄を設立し福岡市西新に1号店(現:ダイエー西新店)を開店。スーパーマーケットのチェーン展開を開始。1963年 - 渕上百貨店が火災で焼失。1965年10月21日 - 1963年に焼失した渕上百貨店跡地に、丸栄を開店(のちのユニード本店→グルメシティ渕上店)。これで、渕上一族の経営基盤が、百貨店からスーパーマーケットに完全シフトしたことになる。1970年 - 株式会社丸栄を株式会社ユニードに商号変更。堺東店の開店を皮切りに、関西にも進出。1973年 - ショッピングセンター「アピロス」の1号店を香椎に開店(のちのダイエー香椎駅前店)。1978年 - ユニード、福岡証券取引所に上場。1978年 - ユニードの呉服売場を、新設の株式会社ゆう苑(現:渕上ファインズ)に譲渡。1979年 - ユニード、大阪証券取引所2部に上場。1979年10月 - スーパーマーケットと百貨店の中間業態店舗「熊本城屋」を開業。ユニードが出資したが、ユニード直営ではなく株式会社熊本城屋の運営とした。(のちに城屋ダイエーに改称後、1995年9月1日にダイエー熊本下通店に業態転換)1981年2月21日 - 熊本城屋の資本金を1億円から10億円に増資。うち5億円をダイエーが出資し、残りをユニードが出資することで、熊本城屋はユニードとダイエーの折半同額出資となった。1981年 - フランスベッドと協力し、2か月間の外商で布団を21億円売り上げる。1981年 - 株式会社都チェーンストア(アパレル企業。現:株式会社ミヤコ。CDショップのミヤコとは無関係)と提携(1991年に提携解消)。1981年 - 株式会社ゆう苑に婚礼衣裳部門を譲渡。1981年9月1日 - 株式会社九州ダイエーを合併。ダイエーグループになり、この時点での商号は「株式会社ユニード」のままであったが、マークはダイエーと同じマークになった。1987年5月 代表取締役社長が、創業者の渕上栄一から、ダイエー出身の平山敞に交代。1990年 - ユニード元社長渕上栄一・副社長渕上亀之助・専務渕上禮藏の3兄弟が、財団法人渕上育英会を設立(創業者渕上一族の、ユニードからの事実上の離脱)。1991年5月 - 亀山博光が代表取締役社長に就任。1991年9月1日 - 株式会社ユニードを「株式会社ユニードダイエー」に商号変更。1994年 - 株式会社ダイエーに吸収合併。2004年11月 - 「株式会社ユニードダイエー友の会」が解散。2005年10月31日 - ダイエーにより、グルメシティ渕上店(渕上百貨店跡地のユニード本店から改称)が閉店。2006年11月10日 - 東京建物が、グルメシティ渕上店跡地をダイエーから約50億円で購入。建物解体後、約2,800平方メートルの敷地にオフィスビルを新築して、ダイエーが入居する。2009年3月1日 - 渕上店跡にグルメシティ博多祇園店が開業。渕上ユニードの発展福岡県飯塚出身の渕上一族が、家業として開業していた渕上百貨店から、スーパーマーケット業に転換し始めたのは、労働争議によると言われている。そごうや三越などと同様に、もともと呉服店や衣料品店だったものを百貨店に転換した渕上であったが、一方で、戦後のこの時期にスーパーマーケット業態が成長し始めており、のちにイオンとなる岡田屋やフタギ洋品店、あるいはイトーヨーカドーが呉服店や衣料品店からスーパーマーケットに転換していくように、渕上は、スーパーマーケット業に参入するようになる。1958年、株式会社丸栄を設立し、福岡市西新町に第1号店となる西新店を開店した(現:ダイエー西新店)。これを機に、渕上一族は、スーパー丸栄の店舗を少しずつ増やしていった。この時点では、渕上一族は「渕上・丸栄グループ」、すなわち、百貨店「渕上百貨店」を経営する株式会社渕上と、スーパーマーケットチェーン「丸栄」を経営する株式会社丸栄との2本立てで経営を行っていた。しかし、1963年に渕上百貨店が大火災に見舞われ焼失、さらには、1964年に博多駅ビルに大光百貨店を開店したもののほどなく撤退することになった。1965年、渕上百貨店跡地に、渕上百貨店の再建ではなく、スーパーマーケットの丸栄を開店した。明治に呉服店として創業し百貨店に転換した流れはここで終わり、のちに「ユニード」と改称してナショナルチェーンへと発展していくスーパーマーケット丸栄に一本化される。1967年、丸栄は、広島市中区紙屋町2丁目に広島店(のちのユニード広島店)を開店。さらに1970年には商号を「株式会社ユニード」に変更し、大阪府堺市に堺東店を開店した。九州各地に加え、中国・関西にも進出し、当時としては屈指のナショナルスーパーマーケットチェーンに発展、「九州の雄」とまで言われるようになった。1973年には、ショッピングセンター「アピロス」も誕生した。1978年には福岡証券取引所に、翌1979年には大証二部にも上場したが、株価は低迷。また、経営状態も実質的には悪化していたものの、毎年2月末の決算で黒字となるように、取引先への過剰な値引き交渉に加え、対価支払を次の決算期に先送りするなどしていたといわれる。百貨店からナショナルスーパーマーケットへ、渕上の家業を一代で発展させた渕上栄一であったが、金融機関の後押しもあり、ついに1980年の暮れ、同業ライバル関係にあったダイエーの中内功と密会し、提携に向けた交渉を始める。追記:出店について、まず九州全体を面的に制覇しておればよかったが、広島や大阪方面へ飛んで出店したことが無駄となった。昭和50年代初頭には九州一のスーパーマーケットであったが、壽屋の面的な九州制覇戦略に抗し切れず、株式上場後のころからは九州一の座を壽屋に奪われる結果となった。さらに、ダイエーグループ入り後は、ユニード流の経営形態とダイエー的な経営形態が社内で混合したために、さらに無駄が生じた。ダイエーとユニードの統合ダイエーは、ユニードとの統合以前に、1963年、株式会社フクオカダイエーを設立して、福岡市天神を皮切りに九州に進出した。1969年にフクオカダイエーをダイエーに吸収合併して以後は、九州地区のダイエーも株式会社ダイエーが直轄営業していたが、1980年11月に株式会社九州ダイエーを設立。これは、九州地区のダイエーを、「(ダイエーグループの)株式会社ユニード」のもとで営業させるための準備であったとされる。1981年5月に九州地区のダイエーは九州ダイエーに譲渡された。なお、この九州ダイエーは、九州スーパーマーケットダイエー(現:グルメシティ九州)とは関係ない。一方のユニードは、ダイエーグループ入りのきっかけとなった経営不振を試算した結果、1981年2月末時点で10億円もの赤字が出ることが判明した。従来のからくりでは黒字化できない額でありこのままでは上場以来初の赤字決算となってしまうこと、ダイエーとの統合をユニードにとって少しでも有利にしたいとの思いなどから、ユニードは、ある“奇策”を実行する。それは、外商で赤字を解消するというものであった。それまでのユニードは、テレビやエアコンなど、単価が高く「一家に一台」の商品を外商販売の主力としてきた。しかし、これで10億円の利益を得るのは困難であると予想された。そのとき、長崎屋がフランスベッドの羽毛布団を1年間で10億円売り上げたことをヒントに、ユニードは、単価が低く「一人に一枚」の羽毛布団を外商販売の主力とし、フランスベッドと協力して、1981年の1月と2月の2か月間で20億円売り上げることを決めた(この20億円は、納入価格を定価の50%として20億円売り上げることで、その50%である10億円がユニードの利益となるものである)。各店舗間で、売上額を競争させたり、販売手法を伝授しあったりした結果、実際に2か月間で21億円以上を売り上げることに成功した。1981年5月23日、公正取引委員会は、ユニードと九州ダイエーとの合併について「独占禁止法違反」との見解を示した。これは、合併後の販売額シェアが福岡県内と長崎県内において25%を超えることが分かったためとして、25%を超えないように一部店舗を他社へ譲渡するか、ダイエーが(合併後の)ユニード株を保有する率を引き下げることを要求したものであった。これに対しダイエーの中内功社長は、シェア25%で区分する理由が不明確であり、将来的に流通業界再編を阻害する要因になりかねないとして抵抗しつつも、合併を計画どおり進めるために、合併自体は計画どおり行うが合併後にダイエーがユニード株を一部売却することを表明したうえで、1981年6月10日に合併契約書に正式調印した。また、ユニードは合併前、ジャスコ(現:イオン)・ユニー・イズミヤ・忠実屋と、仕入れや開発を共同で行う会社アイクを設立しグループを形成していたが、合併を機にアイクグループを離脱することになった。1981年9月1日、ユニードと九州ダイエーが合併した(合併比率は1:1、存続会社はユニード、資本金は21億4000万円)。当初は、ユニード店と旧ダイエー店とでそれぞれ従来どおりの営業であったが、少しずつ、ダイエーの手法に一本化されていった。合併以後に開店した店舗は、しばらくは「ユニード」や「アピロス」で開店されたが、これらも、既存店舗ともども、ダイエー式の「ダイエー」「ショッパーズ」さらには「グルメシティ」「トポス」などに改称されていった。そして、株式会社ユニード自体も、合併から10年となる1991年9月1日に株式会社ユニードダイエーに改称されたのち、1994年に、ダイナハや忠実屋とともにダイエーに吸収合併され、消滅した。なお、1987年には、創業者の渕上栄一が代表取締役社長を退任し、代わりにダイエー出身の平山敞が就任した。ユニード社長を4年間務めた平山は、ダイエーの手法を導入しつつユニードの経営を立て直した人物として語られることもある(平山は1991年、中内功が自身の後継を模索する中でダイエーの代表職を身内で固める人事の末にダイエーを追放され独立するが、その後、中内の退任した2001年に代表取締役副社長としてダイエーに戻りダイエーの経営再建を手がけているほか、数々の企業の経営再建実績がある)。1988年10月の、プロ野球南海ホークス買収も、当初はユニードが有力買収先と報じられていたが、最終的にはダイエーが買収し、福岡ダイエーホークスとなった。渕上一族のユニードからの離脱渕上一族にとっては、自ら開業したユニードを、ダイエーに"奪われる"結果となった。資本親子関係のもとでダイエー化していくユニードであったが、社長の渕上栄一をはじめ一族はけっして代表権を返上せず、あくまで「渕上ユニード」を維持し続けた。しかし、それにも限界があった。ユニードがダイエーと提携を始める以前の1978年に、ユニード店内にあった呉服売場について、株式会社ゆう苑を設立して分離独立させていた。ユニードがことごとくダイエー化してしまったこと、また、渕上のルーツが呉服商だったこともあり、ゆう苑が、渕上一族の商売の拠り所になっていく。1990年、渕上栄一・亀之助・禮藏の3兄弟が財団法人渕上育英会を設立。このとき3人ともユニードを離れており、同財団法人はユニードではなくゆう苑の関連として設立されている。現在、渕上一族が携わっている法人は、次のとおりである。株式会社渕上ファインズ株式会社ゆう苑ファミリー株式会社彩苑株式会社渕上コミュニティ株式会社ミヤコなお、ゆう苑設立のきっかけとなった、きもの宝飾部門(1978年にユニードから譲り受けた呉服売場と、1980年に開始した宝石部門)については、2004年に株式会社九州さが美に譲渡している。渕上・丸栄→ユニードの出店 徳力アピロス(2009年閉店) 2009年の時点でも「アピロス」の名前が残った最後の店舗 ダイエー福重店(旧福重アピロス) ダイエーグルメシティ博多祇園店(旧ユニード本店・ダイエー渕上店)ここでは、1981年8月31日以前にフクオカダイエー、ダイエー、九州ダイエーが開店した店舗は含んでいない。☆は「ダイエー」として、★は「グルメシティ」として現存している店舗。1895年:渕上商店創業(→1953年から渕上百貨店。1963年に火災焼失)1958年:西新店☆(スーパー丸栄の第1号店)1960年:久留米店1961年:小倉店1963年:若松店1964年:天神店(ダイエーの天神店とは無関係)、熊本駅前店、黒崎店、大光百貨店(後の博多井筒屋)、箱崎店1965年:本店(→渕上店→博多祇園店★:2005年に一旦閉店後、建替され2009年にグルメシティ博多祇園店となる。渕上百貨店跡)1966年:大分店、熊本上通店1967年:蓑島店、別府店☆、佐賀店、広島店(中国地方に進出)1968年:下関店、佐世保店、八代店、岩国店1969年:長崎店☆、岡山店1970年:堺東店(関西に進出)、大牟田店1971年:八幡店、鶴見橋店(大阪)1972年:朝日ヶ丘店、久留米国鉄駅前店(→JR久留米駅前店★)、三萩野店、諫早店、雑餉隈店★1973年:富雄店☆(奈良)、島原店☆、アピロス香椎店1974年:アピロス二日市店☆、伊万里店、宮崎店、井尻店★、アピロス日向店、友泉亭店1975年:屋形原店1976年:アピロス野間店、岡南店(岡山)1977年:古賀店★、直方店、遠賀川店1978年:春日店、野芥店★、日田店☆、門司店、昇町店1979年:オオツカ筑後店、三田川店、上白水店★、湯町店、周船寺店、今宿店、野方店、アピロス東郷店、大川店、南庄店、有田店、熊本城屋(→熊本下通店☆)1980年:福間店、相生店、アピロス徳力店(★:店舗は存続するものの2009年に建て替えされ2010年再開店予定)、篠栗店1981年:鞍手店、舞松原店、荒江店、原田店、ダイコー宮田店、由布院ホームセンター店(→湯布院店★)、麦野店1982年:基山店、三筑店★(→南福岡店)、曙店、金剛店☆、アピロス春日店☆、健軍店、Fバーンズ安徳店1983年:小笹店、大橋店★、甘木店、Fバーンズ八女店、ショッパーズ六ッ門店、アピロス水巻店☆、アピロス福重店☆1986年:ダイエー下大利店☆(以後、ユニード○○店ではなくダイエー○○店で開店する)関連企業関西ユニード ユニードの関西地区事業会社であったが、1991年10月に富雄店をダイエーに譲渡したうえで、会社は1992年に清算された。ユニテック総合サービス(施設管理・保険業) ユニードのダイエーへの吸収合併を前に、1992年9月にダイエーグループの同業社・朝日セキュリティシステムズ(現・ザイマックスビルマネジメント、現在はグループを離脱)と合併した。株式会社デオニー(家電小売業) 1981年、ユニードの全額出資で設立され(本社は北九州市)、第一産業(現:デオデオ)と事業提携したうえで同年4月にデオニー1号店を小倉に開店(跡地に現在のデオデオ小倉本店が建てられた)。1986年に第一産業の子会社となる。2001年7月2日に(旧)株式会社デオデオテクノネットを完全子会社化した上で2001年10月1日に同社を吸収合併して株式会社デオデオテクノネットに商号変更。2005年3月31日に株式会社デオデオに吸収合併され消滅。関連項目大洋デパート火災火災後、大洋デパートが再建、再開業するが倒産。倒産後の引き受け会社としてユニードの出資により「熊本城屋」を設立。現在はダイエー熊本下通店。外部リンク渕上ファインズ(ユニードから独立した渕上一族の会社)株式会社ミヤコ(ユニードから独立した渕上一族の会社)セレモニーホール彩苑 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%89」より作成カテゴリ: かつて存在した日本の小売業者 | 九州・沖縄地方のスーパーマーケット | かつて存在した福岡県の企業 | ダイエー隠しカテゴリ: 企業関連のスタブ株式会社ユニード(英称:UNEED Co., Ltd.)は、かつて存在したスーパーマーケット。名前の由来は、"You Need"とも言われているが、Unity(統一)とNeed(必要)を合わせたもの。九州を中心に、西日本各地にチェーン展開していた。1981年にダイエーグループに参入後、1994年にダイエーに吸収合併され、消滅した。概要九州の人々の間では、今でも、ダイエーのことを「ユニード」「渕上」「渕上ユニード」「アピロス」と言われることがある。本項目では、「渕上」「アピロス」についても説明する。また、株式会社ユニードダイエーについても説明する。本店所在地は、福岡県福岡市博多区祇園町7-20。ルーツである渕上百貨店のあった場所である。設立は1958年(株式会社丸栄)で、証券コードは8272(大証2部・福証)。なお、香川県丸亀市に本社を置く株式会社ユニードとは一切関係ない。また、ユニードの旧商号は「丸栄」であるが、名古屋市に本社を置く百貨店丸榮とも、同じくダイエーグループでかつて存在した丸栄商事(現:グルメシティ近畿)とも一切関係ない。店舗によっては、店名表記が「(ユニード)○○ショッピングバザール」(ユニード野芥ショッピングバザール・香椎ショッピングバザール・諫早ショッピングバザール・ショッピングバザール富雄・箱崎ショッピングバザールなど)となっていたところもある。沿革1895年 - 初代渕上久三郎が、呉服雑貨商「渕上呉服店」を福岡市に創業。二代目徹郎が継承し家業を確立。1947年 - 戦時中の企業整理を経て、再度開店。1950年 - 株式会社渕上呉服店を設立。代表取締役に渕上栄一が就任。実弟の亀之助・禮藏も協力。1953年 - 百貨店事業を始めるため、株式会社渕上に商号変更。1958年 - 労働争議をきっかけに、株式会社丸栄を設立し福岡市西新に1号店(現:ダイエー西新店)を開店。スーパーマーケットのチェーン展開を開始。1963年 - 渕上百貨店が火災で焼失。1965年10月21日 - 1963年に焼失した渕上百貨店跡地に、丸栄を開店(のちのユニード本店→グルメシティ渕上店)。これで、渕上一族の経営基盤が、百貨店からスーパーマーケットに完全シフトしたことになる。1970年 - 株式会社丸栄を株式会社ユニードに商号変更。堺東店の開店を皮切りに、関西にも進出。1973年 - ショッピングセンター「アピロス」の1号店を香椎に開店(のちのダイエー香椎駅前店)。1978年 - ユニード、福岡証券取引所に上場。1978年 - ユニードの呉服売場を、新設の株式会社ゆう苑(現:渕上ファインズ)に譲渡。1979年 - ユニード、大阪証券取引所2部に上場。1979年10月 - スーパーマーケットと百貨店の中間業態店舗「熊本城屋」を開業。ユニードが出資したが、ユニード直営ではなく株式会社熊本城屋の運営とした。(のちに城屋ダイエーに改称後、1995年9月1日にダイエー熊本下通店に業態転換)1981年2月21日 - 熊本城屋の資本金を1億円から10億円に増資。うち5億円をダイエーが出資し、残りをユニードが出資することで、熊本城屋はユニードとダイエーの折半同額出資となった。1981年 - フランスベッドと協力し、2か月間の外商で布団を21億円売り上げる。1981年 - 株式会社都チェーンストア(アパレル企業。現:株式会社ミヤコ。CDショップのミヤコとは無関係)と提携(1991年に提携解消)。1981年 - 株式会社ゆう苑に婚礼衣裳部門を譲渡。1981年9月1日 - 株式会社九州ダイエーを合併。ダイエーグループになり、この時点での商号は「株式会社ユニード」のままであったが、マークはダイエーと同じマークになった。1987年5月 代表取締役社長が、創業者の渕上栄一から、ダイエー出身の平山敞に交代。1990年 - ユニード元社長渕上栄一・副社長渕上亀之助・専務渕上禮藏の3兄弟が、財団法人渕上育英会を設立(創業者渕上一族の、ユニードからの事実上の離脱)。1991年5月 - 亀山博光が代表取締役社長に就任。1991年9月1日 - 株式会社ユニードを「株式会社ユニードダイエー」に商号変更。1994年 - 株式会社ダイエーに吸収合併。2004年11月 - 「株式会社ユニードダイエー友の会」が解散。2005年10月31日 - ダイエーにより、グルメシティ渕上店(渕上百貨店跡地のユニード本店から改称)が閉店。2006年11月10日 - 東京建物が、グルメシティ渕上店跡地をダイエーから約50億円で購入。建物解体後、約2,800平方メートルの敷地にオフィスビルを新築して、ダイエーが入居する。2009年3月1日 - 渕上店跡にグルメシティ博多祇園店が開業。渕上ユニードの発展福岡県飯塚出身の渕上一族が、家業として開業していた渕上百貨店から、スーパーマーケット業に転換し始めたのは、労働争議によると言われている。そごうや三越などと同様に、もともと呉服店や衣料品店だったものを百貨店に転換した渕上であったが、一方で、戦後のこの時期にスーパーマーケット業態が成長し始めており、のちにイオンとなる岡田屋やフタギ洋品店、あるいはイトーヨーカドーが呉服店や衣料品店からスーパーマーケットに転換していくように、渕上は、スーパーマーケット業に参入するようになる。1958年、株式会社丸栄を設立し、福岡市西新町に第1号店となる西新店を開店した(現:ダイエー西新店)。これを機に、渕上一族は、スーパー丸栄の店舗を少しずつ増やしていった。この時点では、渕上一族は「渕上・丸栄グループ」、すなわち、百貨店「渕上百貨店」を経営する株式会社渕上と、スーパーマーケットチェーン「丸栄」を経営する株式会社丸栄との2本立てで経営を行っていた。しかし、1963年に渕上百貨店が大火災に見舞われ焼失、さらには、1964年に博多駅ビルに大光百貨店を開店したもののほどなく撤退することになった。1965年、渕上百貨店跡地に、渕上百貨店の再建ではなく、スーパーマーケットの丸栄を開店した。明治に呉服店として創業し百貨店に転換した流れはここで終わり、のちに「ユニード」と改称してナショナルチェーンへと発展していくスーパーマーケット丸栄に一本化される。1967年、丸栄は、広島市中区紙屋町2丁目に広島店(のちのユニード広島店)を開店。さらに1970年には商号を「株式会社ユニード」に変更し、大阪府堺市に堺東店を開店した。九州各地に加え、中国・関西にも進出し、当時としては屈指のナショナルスーパーマーケットチェーンに発展、「九州の雄」とまで言われるようになった。1973年には、ショッピングセンター「アピロス」も誕生した。1978年には福岡証券取引所に、翌1979年には大証二部にも上場したが、株価は低迷。また、経営状態も実質的には悪化していたものの、毎年2月末の決算で黒字となるように、取引先への過剰な値引き交渉に加え、対価支払を次の決算期に先送りするなどしていたといわれる。百貨店からナショナルスーパーマーケットへ、渕上の家業を一代で発展させた渕上栄一であったが、金融機関の後押しもあり、ついに1980年の暮れ、同業ライバル関係にあったダイエーの中内功と密会し、提携に向けた交渉を始める。追記:出店について、まず九州全体を面的に制覇しておればよかったが、広島や大阪方面へ飛んで出店したことが無駄となった。昭和50年代初頭には九州一のスーパーマーケットであったが、壽屋の面的な九州制覇戦略に抗し切れず、株式上場後のころからは九州一の座を壽屋に奪われる結果となった。さらに、ダイエーグループ入り後は、ユニード流の経営形態とダイエー的な経営形態が社内で混合したために、さらに無駄が生じた。ダイエーとユニードの統合ダイエーは、ユニードとの統合以前に、1963年、株式会社フクオカダイエーを設立して、福岡市天神を皮切りに九州に進出した。1969年にフクオカダイエーをダイエーに吸収合併して以後は、九州地区のダイエーも株式会社ダイエーが直轄営業していたが、1980年11月に株式会社九州ダイエーを設立。これは、九州地区のダイエーを、「(ダイエーグループの)株式会社ユニード」のもとで営業させるための準備であったとされる。1981年5月に九州地区のダイエーは九州ダイエーに譲渡された。なお、この九州ダイエーは、九州スーパーマーケットダイエー(現:グルメシティ九州)とは関係ない。一方のユニードは、ダイエーグループ入りのきっかけとなった経営不振を試算した結果、1981年2月末時点で10億円もの赤字が出ることが判明した。従来のからくりでは黒字化できない額でありこのままでは上場以来初の赤字決算となってしまうこと、ダイエーとの統合をユニードにとって少しでも有利にしたいとの思いなどから、ユニードは、ある“奇策”を実行する。それは、外商で赤字を解消するというものであった。それまでのユニードは、テレビやエアコンなど、単価が高く「一家に一台」の商品を外商販売の主力としてきた。しかし、これで10億円の利益を得るのは困難であると予想された。そのとき、長崎屋がフランスベッドの羽毛布団を1年間で10億円売り上げたことをヒントに、ユニードは、単価が低く「一人に一枚」の羽毛布団を外商販売の主力とし、フランスベッドと協力して、1981年の1月と2月の2か月間で20億円売り上げることを決めた(この20億円は、納入価格を定価の50%として20億円売り上げることで、その50%である10億円がユニードの利益となるものである)。各店舗間で、売上額を競争させたり、販売手法を伝授しあったりした結果、実際に2か月間で21億円以上を売り上げることに成功した。1981年5月23日、公正取引委員会は、ユニードと九州ダイエーとの合併について「独占禁止法違反」との見解を示した。これは、合併後の販売額シェアが福岡県内と長崎県内において25%を超えることが分かったためとして、25%を超えないように一部店舗を他社へ譲渡するか、ダイエーが(合併後の)ユニード株を保有する率を引き下げることを要求したものであった。これに対しダイエーの中内功社長は、シェア25%で区分する理由が不明確であり、将来的に流通業界再編を阻害する要因になりかねないとして抵抗しつつも、合併を計画どおり進めるために、合併自体は計画どおり行うが合併後にダイエーがユニード株を一部売却することを表明したうえで、1981年6月10日に合併契約書に正式調印した。また、ユニードは合併前、ジャスコ(現:イオン)・ユニー・イズミヤ・忠実屋と、仕入れや開発を共同で行う会社アイクを設立しグループを形成していたが、合併を機にアイクグループを離脱することになった。1981年9月1日、ユニードと九州ダイエーが合併した(合併比率は1:1、存続会社はユニード、資本金は21億4000万円)。当初は、ユニード店と旧ダイエー店とでそれぞれ従来どおりの営業であったが、少しずつ、ダイエーの手法に一本化されていった。合併以後に開店した店舗は、しばらくは「ユニード」や「アピロス」で開店されたが、これらも、既存店舗ともども、ダイエー式の「ダイエー」「ショッパーズ」さらには「グルメシティ」「トポス」などに改称されていった。そして、株式会社ユニード自体も、合併から10年となる1991年9月1日に株式会社ユニードダイエーに改称されたのち、1994年に、ダイナハや忠実屋とともにダイエーに吸収合併され、消滅した。なお、1987年には、創業者の渕上栄一が代表取締役社長を退任し、代わりにダイエー出身の平山敞が就任した。ユニード社長を4年間務めた平山は、ダイエーの手法を導入しつつユニードの経営を立て直した人物として語られることもある(平山は1991年、中内功が自身の後継を模索する中でダイエーの代表職を身内で固める人事の末にダイエーを追放され独立するが、その後、中内の退任した2001年に代表取締役副社長としてダイエーに戻りダイエーの経営再建を手がけているほか、数々の企業の経営再建実績がある)。1988年10月の、プロ野球南海ホークス買収も、当初はユニードが有力買収先と報じられていたが、最終的にはダイエーが買収し、福岡ダイエーホークスとなった。渕上一族のユニードからの離脱渕上一族にとっては、自ら開業したユニードを、ダイエーに"奪われる"結果となった。資本親子関係のもとでダイエー化していくユニードであったが、社長の渕上栄一をはじめ一族はけっして代表権を返上せず、あくまで「渕上ユニード」を維持し続けた。しかし、それにも限界があった。ユニードがダイエーと提携を始める以前の1978年に、ユニード店内にあった呉服売場について、株式会社ゆう苑を設立して分離独立させていた。ユニードがことごとくダイエー化してしまったこと、また、渕上のルーツが呉服商だったこともあり、ゆう苑が、渕上一族の商売の拠り所になっていく。1990年、渕上栄一・亀之助・禮藏の3兄弟が財団法人渕上育英会を設立。このとき3人ともユニードを離れており、同財団法人はユニードではなくゆう苑の関連として設立されている。現在、渕上一族が携わっている法人は、次のとおりである。株式会社渕上ファインズ株式会社ゆう苑ファミリー株式会社彩苑株式会社渕上コミュニティ株式会社ミヤコなお、ゆう苑設立のきっかけとなった、きもの宝飾部門(1978年にユニードから譲り受けた呉服売場と、1980年に開始した宝石部門)については、2004年に株式会社九州さが美に譲渡している。渕上・丸栄→ユニードの出店 徳力アピロス(2009年閉店) 2009年の時点でも「アピロス」の名前が残った最後の店舗 ダイエー福重店(旧福重アピロス) ダイエーグルメシティ博多祇園店(旧ユニード本店・ダイエー渕上店)ここでは、1981年8月31日以前にフクオカダイエー、ダイエー、九州ダイエーが開店した店舗は含んでいない。☆は「ダイエー」として、★は「グルメシティ」として現存している店舗。1895年:渕上商店創業(→1953年から渕上百貨店。1963年に火災焼失)1958年:西新店☆(スーパー丸栄の第1号店)1960年:久留米店1961年:小倉店1963年:若松店1964年:天神店(ダイエーの天神店とは無関係)、熊本駅前店、黒崎店、大光百貨店(後の博多井筒屋)、箱崎店1965年:本店(→渕上店→博多祇園店★:2005年に一旦閉店後、建替され2009年にグルメシティ博多祇園店となる。渕上百貨店跡)1966年:大分店、熊本上通店1967年:蓑島店、別府店☆、佐賀店、広島店(中国地方に進出)1968年:下関店、佐世保店、八代店、岩国店1969年:長崎店☆、岡山店1970年:堺東店(関西に進出)、大牟田店1971年:八幡店、鶴見橋店(大阪)1972年:朝日ヶ丘店、久留米国鉄駅前店(→JR久留米駅前店★)、三萩野店、諫早店、雑餉隈店★1973年:富雄店☆(奈良)、島原店☆、アピロス香椎店1974年:アピロス二日市店☆、伊万里店、宮崎店、井尻店★、アピロス日向店、友泉亭店1975年:屋形原店1976年:アピロス野間店、岡南店(岡山)1977年:古賀店★、直方店、遠賀川店1978年:春日店、野芥店★、日田店☆、門司店、昇町店1979年:オオツカ筑後店、三田川店、上白水店★、湯町店、周船寺店、今宿店、野方店、アピロス東郷店、大川店、南庄店、有田店、熊本城屋(→熊本下通店☆)1980年:福間店、相生店、アピロス徳力店(★:店舗は存続するものの2009年に建て替えされ2010年再開店予定)、篠栗店1981年:鞍手店、舞松原店、荒江店、原田店、ダイコー宮田店、由布院ホームセンター店(→湯布院店★)、麦野店1982年:基山店、三筑店★(→南福岡店)、曙店、金剛店☆、アピロス春日店☆、健軍店、Fバーンズ安徳店1983年:小笹店、大橋店★、甘木店、Fバーンズ八女店、ショッパーズ六ッ門店、アピロス水巻店☆、アピロス福重店☆1986年:ダイエー下大利店☆(以後、ユニード○○店ではなくダイエー○○店で開店する)関連企業関西ユニード ユニードの関西地区事業会社であったが、1991年10月に富雄店をダイエーに譲渡したうえで、会社は1992年に清算された。ユニテック総合サービス(施設管理・保険業) ユニードのダイエーへの吸収合併を前に、1992年9月にダイエーグループの同業社・朝日セキュリティシステムズ(現・ザイマックスビルマネジメント、現在はグループを離脱)と合併した。株式会社デオニー(家電小売業) 1981年、ユニードの全額出資で設立され(本社は北九州市)、第一産業(現:デオデオ)と事業提携したうえで同年4月にデオニー1号店を小倉に開店(跡地に現在のデオデオ小倉本店が建てられた)。1986年に第一産業の子会社となる。2001年7月2日に(旧)株式会社デオデオテクノネットを完全子会社化した上で2001年10月1日に同社を吸収合併して株式会社デオデオテクノネットに商号変更。2005年3月31日に株式会社デオデオに吸収合併され消滅。関連項目大洋デパート火災火災後、大洋デパートが再建、再開業するが倒産。倒産後の引き受け会社としてユニードの出資により「熊本城屋」を設立。現在はダイエー熊本下通店。外部リンク渕上ファインズ(ユニードから独立した渕上一族の会社)株式会社ミヤコ(ユニードから独立した渕上一族の会社)セレモニーホール彩苑 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A6%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%89」より作成カテゴリ: かつて存在した日本の小売業者 | 九州・沖縄地方のスーパーマーケット | かつて存在した福岡県の企業 | ダイエー隠しカテゴリ: 企業関連のスタブ

tgqrui8gejの日記
忙しい人のニュース
クレジットカード現金化
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較

習近平氏 各党党首と会談 軍備透明化などで意見交換(毎日新聞)

習近平氏 各党党首と会談 軍備透明化などで意見交換(毎日新聞)

 来日中の中国の習近平国家副主席は15日、東京都内のホテルで自民、公明、共産、国民新の各党党首と個別に会談した。自民党の谷垣禎一総裁は「東シナ海のガス田開発問題があまり進展していない。軍備ももっと透明化してほしい」と要請。習氏は「約束は必ず守る。透明化には今後とも努力する」と応じた。

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は「日本が今、困難な状況に陥っている原因は『日本人の心』を失ったからだ。中国は反面教師にしてほしい」と述べ、経済発展を続ける中国に助言した。【田所柳子、田辺一城】

【関連ニュース】
民主・山岡氏:「やりとり発表は異常」宮内庁長官を批判
鳩山首相:対米・対中関係の強化を強調 中国副主席と会談
小沢幹事長:「辞表提出後に言うべきだ」宮内庁長官を批判
共産委員長:天皇陛下会見「丁寧な対応が望ましい」
鳩山首相:天皇陛下特例会見、改めて意義を強調

zgundamのブログ
ホストの裏情報
無料携帯ホームページ
出会いランキング
パチンコ攻略

NAVY BLUE

『NAVY BLUE』(ネイヴィー・ブルー)は、女性歌手愛内里菜の7thシングル。CDコードはGZCA-2014。概要ブレイクのきっかけとなった「恋はスリル、ショック、サスペンス」を抑えて愛内里菜最大のヒット作である。後に『complete of 川島だりあ&FEEL SO BAD at the BEING studio』にて、デモトラックバージョンが収録される。本作以前の愛内のシングルではカップリング曲がみな「色」をテーマに制作されたものになっており、もともとは本作も「NAVY BLUE」をB面に据えたシングル「Broken Heart」として発売される予定だった。ところが収録後「NAVY BLUE」の完成度が非常に高いと判断されたことから、急遽「NAVY BLUE」と「Broken Heart」の扱いが入れ替わることとなった。そのような経緯により、本作は愛内の初期シングル作品において唯一カップリング曲が色名のつかない作品になっている。彼女のシングル曲では初のバラードである。収録曲NAVY BLUE 作詞:愛内里菜 作曲:川島だりあ 編曲:三輪緑Broken Heart 作詞:愛内里菜 作曲・編曲:徳永暁人NAVY BLUE MAX MAZIK MIX Remixed by SCHWEITZERNAVY BLUE d'une source mix Remixed by TOKUNAGANAVY BLUE -instrumental-タイアップTBS系『ワンダフル』2001年10月度テーマソング収録アルバムPOWER OF WORDS (M-01)Single Collection (M-01)コンピレーションアルバム『GIZA studio Masterpiece BLEND 2001』 (M-01)コンピレーションアルバム『It's TV SHOW!!』 (M-01)コンピレーションアルバム『GIZA studio 10th Anniversary Masterpiece BLEND ~LOVE Side~』 (M-01)コンピレーションアルバム『BEST HIT BEING』 (M-01)関連項目愛内里菜ワンダフル 「http://ja.wikipedia.org/wiki/NAVY_BLUE」より作成カテゴリ: 愛内里菜の楽曲 | 2001年のシングル隠しカテゴリ: シングル関連のスタブ項目『NAVY BLUE』(ネイヴィー・ブルー)は、女性歌手愛内里菜の7thシングル。CDコードはGZCA-2014。概要ブレイクのきっかけとなった「恋はスリル、ショック、サスペンス」を抑えて愛内里菜最大のヒット作である。後に『complete of 川島だりあ&FEEL SO BAD at the BEING studio』にて、デモトラックバージョンが収録される。本作以前の愛内のシングルではカップリング曲がみな「色」をテーマに制作されたものになっており、もともとは本作も「NAVY BLUE」をB面に据えたシングル「Broken Heart」として発売される予定だった。ところが収録後「NAVY BLUE」の完成度が非常に高いと判断されたことから、急遽「NAVY BLUE」と「Broken Heart」の扱いが入れ替わることとなった。そのような経緯により、本作は愛内の初期シングル作品において唯一カップリング曲が色名のつかない作品になっている。彼女のシングル曲では初のバラードである。収録曲NAVY BLUE 作詞:愛内里菜 作曲:川島だりあ 編曲:三輪緑Broken Heart 作詞:愛内里菜 作曲・編曲:徳永暁人NAVY BLUE MAX MAZIK MIX Remixed by SCHWEITZERNAVY BLUE d'une source mix Remixed by TOKUNAGANAVY BLUE -instrumental-タイアップTBS系『ワンダフル』2001年10月度テーマソング収録アルバムPOWER OF WORDS (M-01)Single Collection (M-01)コンピレーションアルバム『GIZA studio Masterpiece BLEND 2001』 (M-01)コンピレーションアルバム『It's TV SHOW!!』 (M-01)コンピレーションアルバム『GIZA studio 10th Anniversary Masterpiece BLEND ~LOVE Side~』 (M-01)コンピレーションアルバム『BEST HIT BEING』 (M-01)関連項目愛内里菜ワンダフル 「http://ja.wikipedia.org/wiki/NAVY_BLUE」より作成カテゴリ: 愛内里菜の楽曲 | 2001年のシングル隠しカテゴリ: シングル関連のスタブ項目

アルバニア語で日本のニュースを読む
My First JUGEM!
無料携帯ホームページ
ネイルサロン
クレジットカード現金化

ディテクティヴ

ディテクティヴUntilDeath監督サイモン・フェローズ製作総指揮ダニー・ディムボートジョン・トンプソンアヴィ・ラーナーボアズ・デヴィッドソンウィリアム・ファイファー製作モシュ・ディアマント脚本ダン・ハリス債務整理・自己破産・ポートルース出演者ジャン=クロード・ヴァン・ダムゲイリー・ビードルマーク・ダイモンドセリーナ・ジルズ他音楽マーク・セイフリッツ撮影ダグ・ミルサム編集マシュー・ブース公開2007年1月19日2007年9月29日製作国アメリカ合衆国言語英語制作費1000万ドルallcinemaキネマ旬報IMDb 表・話・編・歴 『ディテクティヴ』は2007年製作のアメリカ映画。R-15指定。[編集]ストーリークレジットカード現金化が舞台。ドラックに溺れる刑事ストウは麻薬王キャハランを追っていたが、捜査が失敗してしまい、自信を失ったストウはキャハラン逮捕に全力を尽くす。[編集]キャストジャン=クロード・ヴァン・ダム:アンソニー・ストウウェス・ロビンソン:チャド・マンセンスティーヴン・レイ:キャラハンセリーナ・ジルズ:ヴァレリーマーク・ダイモンド:マーク・ロッシーニショッピング枠現金化・アッシュ:サージゲイリー・ビードル:マックこの「ディテクティヴ」は、映画に関連した書きかけ項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています(P:映画/PJ映画)。「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B4」より作成カテゴリ:アメリカ合衆国の映画作品|2007年の映画隠しカテゴリ:映画関連のスタブ項目

清和政策研究会

森派は、この項目へ転送されています。森清が領袖であった派閥については「春秋会」をご覧ください。清和政策研究会現在の会長の町村信孝略称クレジットカード現金化会、町村派設立年1979年種類自由民主党の派閥リーダー町村信孝設立者福田赳夫ウェブサイトhttp://www.seiwaken.jp/ 表・話・編・歴 清和政策研究会(せいわせいさくけんきゅうかい)は、自由民主党の派閥。略称および旧称は清和会。目次1概要2歴史2.1結成~福田赳夫時代2.2無料携帯ホームページ派四天王と会の分裂2.3森喜朗の派閥継承と亀井静香の離脱2.4森・小泉政権と自民党内最大派閥への躍進2.5集団指導体制への移行2.6自民党総裁候補をめぐる内部分裂2.7町村会長体制への復帰2.8第45回衆議院議員総選挙2.9代表世話人の廃止と中川出会いランキングの離脱3歴代会長4現在の構成4.1役員4.2衆議院議員4.3参議院議員5脚注6関連項目7外部リンク[編集]概要近年会長職が廃止され集団指導体制となっていたが、2009年2月5日に町村信孝が会長に復帰した。同じ代表世話人であった中川秀直・谷川秀善の2名は引き続き代表世話人を務める。通称、町村派(福田派→安倍派→My First JUGEM!派→森派→町村派)。自民党内では保守合同時の日本民主党(岸信介・鳩山一郎派)の流れを汲む。日本債務整理・自己破産の「反吉田」路線を起源に持つため、親米である一方、憲法改正・自主防衛議論に積極的であるなど比較的タカ派色が強く、冷戦期には反共・親韓・親台の傾向が強かった。一貫して自民党の有力派閥だったが、ポスト佐藤で福田赳夫が田中角栄に敗北して以来、自由党系の債務整理・自己破産研究会や宏池会などの諸派に比べると非主流派に甘んじることが多かった。同派が主流派として実質的に政権の中枢を担うようになるのは小泉政権発足以降である。グランドプリンスホテル赤坂(旧赤坂プリンスホテル)の旧館(旧李王家邸)内に事務局を設置し、同ホテルで毎年1回春頃に政治資金パーティーを開催することが慣例となっている。[編集]歴史[編集]結成~福田赳夫時代「十日会」(岸信介派)の分裂を受けて1962年に結成された2ショットチャット赳夫を中心とする「党風刷新連盟」が起源。1970年11月に時の首相・佐藤栄作に勧められ「紀尾井会」、通称福田派が派閥として正式に旗揚げされた。1972年まで7年に及んだ佐藤栄作政権の後継を巡る、いわゆる「ポスト佐藤」の争いにおいて、佐藤の意中の人はショッピング枠現金化であったが、政権末期に田中の猛追を受け、結局総裁選で敗れた。この挫折を機に、領袖福田のもと、田中派と「角福戦争」と呼ばれる激しい派閥抗争を繰り広げたが、福田自身が「派閥解消」論者であり、必ずしも派閥活動に積極的でなかったこともあって、三大派閥の中で伸び悩み、1976年に悲願の福田赳夫政権誕生にこぎつけるものの2年後には大平・田中連合の前に総裁選で敗北した。なお、1972年、総裁選で敗れた直後にgyanのブロググループと園田派(旧・森(清)派)を統合して「八日会」へと名称変更、1976年末、福田内閣の発足にあたり派閥解消を提唱、率先して八日会を解散したが、福田退陣後に再結成の機運が高まり、1979年1月に清和会を結成した。出典は、東晋の元帝が詔で諸葛恢の統治を「政清人和(清廉な政治で自ずから人民を穏やかにした)」と称賛した故事による(『無料携帯ホームページ書』諸葛恢伝)。この旧「清和会」は略称ではなく正式名称である。後に自由革新同友会(石原派・旧中川派)を吸収する。[編集]安倍派四天王と会の分裂安倍晋太郎が会長であった際、派閥内の三塚博・加藤六月・塩川正十郎・森喜朗の4人の実力者を称して安倍派四天王と呼んだ。竹下派七奉行と比較される。その後、安倍の後継会長を三塚・加藤が争い

里見香奈

里見香奈(さとみかな、1992年3月2日-)は、日本将棋連盟所属の女流棋士。出会いランキング県出雲市出身。森雞二九段門下。女流棋士番号57。目次1人物2棋歴3昇段・昇級履歴4タイトル・受賞歴4.1獲得タイトル4.2受賞歴5その他受賞歴6キラリっ娘のそよ風日記7メディア8関連項目9外部リンク10脚注[編集]人物島根県立大社高等学校在学。キャッチフレーズは「出雲のイナズマ」。中学時代のあだ名は「かなじょ」。得意戦法は中飛車で、力戦調の中飛車からゴキゲン中飛車まで指しこなし、相振り飛車も得意にしている。幼少時に高橋和から受けた「毎日詰将棋を解くとよい」とのアドバイスを、女流プロとなった現在でも実践しており、それによって培われた終盤力はすでに女流でもトップクラスである。反面、序中盤は得意ではなく、自身のブログでも「序盤は悪くなったが、最後に逆転できた」と述べることが多い。小学三年生の時から、対局には必ず青いタオルを持参している。アマチュア時代は首にかけていたが、プロになってからは膝の上に置くようになった。好物はウナギ。[編集]棋歴6歳で将棋を始め、2002年、小学5年生でアマ女王戦に優勝する。2003年、第28回小学生将棋名人戦でベスト8に進出。2003年後期(10月)に女流育成会入会。この期から育成会の制度が変わり、A級・ライブチャット級の2部制から全育成会員との総当たりになったが、2期連続で1位の成績となり、2004年10月に中学1年生(当時史上4番目の年少記録)で女流棋士となる。2003年後期以降の制度での2期での育成会卒業は史上最短(理論上でも最短)。2007年9月現在、育成会の2003年後期以降の制度での2期抜けは里見と室田伊緒の2名のみ(旧制度では島井咲緒里も2期で通過している)で、里見は2003年後期以降の制度での2期とも1位で通過した唯一の女流棋士である。2006年、女流名人位戦でB級リーグ入り及び女流王将戦で本戦に出場し、女流1級となる。2007年、第2回きしろ杯争奪関西女流メイショウ戦優勝、女流名人位戦でA級リーグ入り。優勝後の記念対局では、福崎文吾をあと一歩まで追い込む大健闘を見せたが、秒読みに追われて7手詰めを見逃し敗れた。レディースオープントーナメント2006(決勝三番勝負は2007年1~2月)準優勝。女流初段に昇段。決勝のライブチャット理絵子との三番勝負は、もし里見が勝っていれば史上最年少優勝の記録になったため、女流棋界でもかつて無いほどの注目を集めた(将棋世界には当時の様子を「羽生七冠フィーバーに次ぐ盛り上がり」と記されている)第29期女流王将戦本戦では斎田晴子、石橋幸緒、矢内とタイトル経験者3人を立て続けに下して決勝に駒を進めるが、惜しくも清水ウクライナ語が出来れば人生変わるに敗れタイトル初挑戦はならなかった。清水とは、続く第15期倉敷藤花戦挑戦者決定戦でも対局しこちらでも敗れている。2008年9月29日、第16期倉敷藤花戦で初のタイトル挑戦が決定。同日付で女流二段に昇段した。16歳8ヶ月でのタイトル挑戦は史上5番目の若さ。2008年11月23日、第16期倉敷藤花戦三番勝負で清水市代に2連勝し、競馬情報直子、中井広恵に続く史上3番目の若さで初のタイトル獲得。関西所属の女流棋士のタイトル獲得は史上初。一般棋戦公式戦女性最年少出場(15歳、2007年、第37期新人王戦U-26、2007年10月8日現在)。エキシビションで、持ち時間のハンデ(山崎は初手から持ち時間一手20秒、里見は持ち時間10分切れたら一手30秒)はあったものの山崎隆之と平手で対局し勝ったことがある(2007年3月31日、キラリっ娘ファンフェスタ'07スペシャルマッチ)。2009年1月9日、第40期新人王戦で稲葉クレジットカード現金化 即日[1]を破り、女流棋士が公式戦で男性棋士に勝つ

ポリ袋

ポリ袋とは、ポリエチレンでつくられた袋をいう。[編集]概要ポリエチレンでつくられた袋。耐久性と費用対効果の高さから高度経済成長期に急速に普及した。ビニール袋とも言われる場合があるが、本来、塩化ビニールはポリエチレンとは異なる。近年、開発途上国での製造がさかんとなっているが、廃棄した際のダイオキシン等の有害物質が問題となっている。[編集]その他日本国内においては、中小零細もふくめ、多くの製造業者が製造している。[編集]備考袋ビニール「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AA%E8%A2%8B」より作成カテゴリ:袋

意外に貯まる?コツコツ小銭貯金

 皆さん貯金箱はお持ちですか。以前『○万円貯まる貯金箱』なんていう貯金箱が大ヒットしましたが、実際にあの貯金箱を買って目標額をしっかり貯められた!というかたはいらっしゃいますか?少し貯まるとつい使ってしまって…という方の方が意外に多かったりするのではないでしょうか。 小銭貯金が長続きしないというのはもちろんその人の性格によるものだと思いますが、どんな性格の方も必ずや成功できる方法があるのではないかと思います。几帳面なことが得意な方はコツコツ毎日継続させる方法で、アバウトな性格の方なら適度な周期でまとめて貯金箱に入れたり、ゲーム感覚で小銭貯金するのもおすすめ。 今回は続けていれば意外と貯まりやすい『小銭貯金』の方法をいくつかご紹介します。■定額型小銭貯金 決まったコインのみを貯金箱に入れる方法。代表的なのは500円玉貯金でしょう。ビンなどに1円玉ばかりをたくさんためるというような物も、この方法ですね。 この方法の良いところは、面倒くさがりな方でも意外と続けやすいこと。ルールは『同種のコイン』ということ以外に無いので、毎日続けなくてはならないこともなく、ちょうど財布にコインが入ってた時に入れれば良いわけですから楽です。 但し、あまり規制が無いがためについ貯金することを忘れてしまったり、やっぱり続かなかったと挫折して、少量ばかり貯金箱に貯まったお金を使ってしまうということも。■『つもり』型小銭貯金 買ったつもり、使ったつもり、などでその代価を貯金箱に入れるという方法。例えば自転車で出かけ、タクシーやバスに乗ったつもりでその分を貯金箱にいれる。図書券などで本を買ったとき、現金で買ったつもりでその分を貯金箱に入れる。お店の特売の時、格安で物を買えた場合その差額分を払ったつもりで貯金箱に入れる、などです。 この方法は意外と楽しみながらできる上、普段の生活も意識して無駄使いを減らすようにつとめる習慣が付き、つもり分を貯金することで節約効果も実感できたりするのでおすすめです。 但し、図書券分など明確な金額がわかる時は良いのですが、あいまいな場合いくら貯金箱に入れたら良いのかわからなくなってしまうことも。夢中になりすぎてなんとなく窮屈さを感じてしまったりするのにも注意。■意外に貯まる?コツコツ小銭貯金 決まった金額やルールを決め、毎日継続して貯める方法。毎日定額型のように、100円ずつとか、財布に入ってる10円以下のコインは必ず入れるとか、自分の決めたルールでコツコツ続けるものです。また、ゲーム感覚で1日目は10円、2日目は20円…という風に貯金箱に入れたり、晴れたら100円、雨なら 50円など、楽しみながら続ける方法も。この方法は日記や家計簿など、毎日コツコツ続けるものが得意な方には最適。一番堅実で着実にたまる方法です。 但し、面倒くさがりな方や忘れっぽい方には続けるのが難しい方法かもしれません。■全額強制型小銭貯金 毎日、あるいは週に一度など、財布の中に残っている小銭を全額強制的に貯金箱に入れてしまう方法。いくらずつなどといううルールは無いため非常にわかりやすく、かなりの勢いでお金は貯まります。週に一度などの方法であれば、かなりアバウトでコツコツ型が苦手な方にも楽に実践できるでしょう。 但し毎日小銭を全部入れてしまう場合、いざ小銭が必要な時に困ってしまったり、やはり金欠の時にはかなり厳しい状況になってしまい挫折する、ということも。 小銭貯金はまさに『ちりも積もれば山となる』。 いずれの方法でも、とにかく挫折しないで継続させるのが大切です。貯金箱は一番目に付きやすい場所に置き、貯金箱を意識して生活すると良いですね。財布の中にある邪魔な小銭をちょっと入れる程度ではなく、目標を決めてがっつり貯める小銭貯金。皆さんも一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。
【節約:和田由貴】

【関連記事】
男と女の節約脳
無駄買いを減らす5つの法則
ご褒美貧乏に気を付けろ!

上田桃子プロが『パーリーゲイツ』広尾店でイベントを開催

ゴルフの上田桃子プロが愛用していることでおなじみのゴルフウェアブランド『パーリーゲイツ』。12月10日(木)、東京の『パーリーゲイツ』広尾店で1日限りの上田桃子プロ来店イベントを開催する。



当日は、トークショーやミニゲームをはじめ、限定ポロシャツや桃犬とのコラボトートの販売など、うれしい企画がいっぱい。また、アイテム購入者のうち先着50名は、上田桃子プロと記念写真が撮影できる特典も。グリーンの上以外で本人を間近に見れるまたとない機会。上田桃子プロのファンはもちろん、ゴルフ好きならぜひ足を運んでみて。

日程:2009年12月10日(木)
時間:18:30?20:00
場所:パーリーゲイツ広尾店

■パーリーゲイツ広尾店
東京都渋谷区広尾5-7-35 コンプレックスビル1F
Tel:03-3442-1591


■verita関連記事
50’sテイストのウェアでゴルフを。セルジオ・タッキーニ2010 S/S
片山晋呉プロの妹、片山眞里プロが一日店長に!
ナイキゴルフ 2010S/S ウィメンズ・コレクション速報!


■verita人気記事
1.Beauty of Truth 自分らしくあるために、真実の美を手に入れる
2.日本最古のコメディ、狂言から、タイのコメディアン、新感覚のコメディ映画監督
3.「sacai」阿部千登勢が手掛けるモンクレールの新ラインいよいよ発売!
4.次世代コスメは、オーガニック・スキン・フード
5.伝統を知る安心感の中で新感覚を呼び起こす斬新さを愉しむフレンチ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。